grunge
news

2013.6.15 大分上映 決定!!

5月 15th, 2013

色々な縁で、大分で上映していただけることになりました。
上映はバーでの上映になりますが、上映後そのままパーティーがあります。
監督の南出も参加致します。
 
 
<映画上映>

6/15(土) 17:00~18:30 『ドクガス』上映

       18:30〜19:00  監督による舞台挨拶

場所 ロビー/Robbie(大分県大分市府内町3-5-26 府内ビル1F)

料金 事前予約500円(当日800円)
   ※1drink付き

 
 
<AFTER PARTY>

     19:00〜22:00 AFTER PARTY

場所 そのまま同じ

料金 3,000円(3h飲み放題、お食事付き)

Dj junsuke minamide(監督) , Yufu Ryohei , ふかまちえり , OGT etc..

AFTER PARTYの詳細はこちら
 
 
※映画上映のみ、AFTER PARTY、どちらか一方だけの参加でも問題ありません。

※事前予約に関しては、映画上映はこちらにて参加表明、
 AFTER PARTYはこちらにて参加表明をお願い致します。
 facebookを使用されていない方は、northdesign.london@gmail.comまでご連絡下さい。

2013.5.18 東京上映

5月 15th, 2013

2年振りに東京で上映致します。
1回のみとなります。

2013年 5月18日(土)
開場 16:30
開始 17:00

場所:原宿KINEATTIC

当日 1,000円

予約は、facebookページ、又はnorthdesign.london@gmail.com まで。
上映終了後、19時より映画館近辺にて観客の方交えて一席設けます。

2011 東京上映

1月 10th, 2011

2008年の上映を最後に封印していた映画『ドクガス』ですが、
嬉しいことに、ここ2〜3年で知り合った方々を中心に「観たい!」という
声をたくさんいただききました。
皆さんの後押しもあり、この度一度だけ上映する運びになりました。

本編上映ですが、1月23日の午後から1回のみになります。
会場が35席しかございませんので、お早めにご予約の連絡を
いただけますと幸いでございます。
これを機会にまだ未見の方は是非ともお越し下さい。

2011年 1月23日(日)
開場 13:30
開始 14:00

場所:原宿KINEATTIC

当日 1,000円

予約は、acidrock44@yahoo.co.jp まで。
上映終了後、17時より渋谷にてパーティーあります。

ドクガスラスト上映 in Sapporo

3月 14th, 2009

3/29(日) 13:30~15:00 『ドクガス』上映

       かねあい × 監督とのトークショー

場所 ATTIC(中央区南3西6 長栄ビル4F)

料金 前売り1000円(当日1200円)

 

  

なお、監督の南出惇介の最新作

『Cheap Escape In Nowhere』上映会の中での上映になります。

以下、詳細です。

 

【映画公式サイト】
 http://film.artful.jp/cheapescape/
 

3/29(日) ATTIC

 10:30~12:00 『Cheap Escape In Nowhere』上映
 13:30~15:00 『ドクガス』上映
         かねあい × 監督とのトークショー
 17:00~19:00 『Cheap Escape In Nowhere』上映
         佐藤嘉晃アコースティックライブ
 20:30~22:30 『Cheap Escape In Nowhere』上映
         佐藤嘉晃アコースティックライブ

 ※開場時間はいずれも開始30分前
 ※各上映後、キャスト・スタッフによる舞台挨拶あり
 

チケットの予約は、日時を指定の上
映画関係者または acidrock44@yahoo.co.jp まで。

速報

1月 31st, 2009

2009年3月28日、29日のどちらかに、
札幌で最後の自主上映を行います。
(※今後、映画祭などで上映される可能性はありますが、自主企画では最後です)

詳細が決まり次第、ここに情報を掲載します。

東京上映 at 原宿

10月 7th, 2008

近くなりましたので、再度掲載します。

原宿の映画館「KINEATTIC」が選出する優秀作品の定期上映会
「KINEATTIC FILM LIBRARY」に応募したところ、『ドクガス』が選出され、 
10月20日より、原宿KINEATTICにて、レイトショーされることが決定しました。
 
北海道のインディーズ映画シーンでグランプリを取り、劇場公開を果たした本作が、
再度東京にて上映されます。
おそらく、今回が東京でのラスト上映の可能性が高いので、この機会をお見逃しなく。
 
 
10/20(月)〜24(金) 21:00〜

 場所:原宿KINEATTIC(http://www.kineattic.com/index.html)

 前売/当日 800円

 
 
※本上映では、作者の意図により大音量での上映を試みますので、ご了承ください。

メディア情報

7月 28th, 2008

(新聞・雑誌)
札幌タイムス 8月1日に掲載
北海道新聞  7月29日の札幌圏の枠に掲載
毎日新聞   7月26日の北海道版の「人」コーナーに掲載
朝日新聞   8月3日の北海道欄に掲載
アルキタ   7月31日版に情報が掲載
スポニチ   7月12日に掲載
 →http://www.sponichi.co.jp/hokkaido/news/2008/07/12/07.html

(ラジオ)
FMノースウェーブ 7月31日の15:20~15:30で生出演
FMアップル    7月29日の9:00~10:00で生出演
グリーンFM    7月29日の20:00~21:00
           7月30日の20:00~22:00で生出演
ラジオカロス     8月1日の17:00~18:00で生出演
三角山放送局     8月2日の13:00~14:00で生出演

 ※グリーンFMは、インターネット放送のため全国で聴けます。
  →http://www.greenfm.co.jp/
 ※三角山放送曲も、インターネット放送のため全国で聴けます。
  →http://www.sankakuyama.co.jp/

(インターネット情報)
・ミニパラ
 http://www.minipara.com/movies2008-3rd/dokugasu/
・札幌観光文化情報ステーション
 http://www.sapporo-info.com/eventDetail.php?event_code=4096
・第3回サッポロショートフェスト
 http://sapporoshortfest.jp/08/

シアターキノ 上映日程決まる

7月 7th, 2008

2318767_13402212411.jpg
 
 
 
北海道インディペンデントフェスティバルにおけるグランプリの特典による、
シアターキノでの劇場公開の日程が正式に決定いたしました。

8/2(土)〜6(水)21:00〜

前売:1000円  当日:1200円
(高校生以下前売:500円  キノ会員・シニア・高校生以下当日:1000円

 チケットはacidrock44@yahoo.co.jpまでご予約か、
 直接劇場でお買い求め下さい。

 《上映後のトークショー》 

8/2  南出惇介(監督) × 外久保雄太(主演) × 今野友貴(準主演)

8/3  南出惇介 × 森下勇介(出演・Addiction) × 佐藤有希恵(スチール)

8/4  南出惇介 × 伊藤隆介(実験映像作家・本フェス審査員)

8/5  南出惇介 × 早川渉(映画監督・本フェス審査員)

8/6  南出惇介 × 麻生栄一(SAPPORO SHORT プログラムディレクター・本フェス審査員)

いずれも20分程度を予定しています。 
 

シアターキノのスケジュールでご確認できます
http://theaterkino.net/sakuhin.html#dokugasu

著名人より映画へコメントを頂きました

6月 27th, 2008

2人の若者はガスマスクで顔を覆い、様々なモノを襲撃する。
異物、格差社会、他人、自分。マチの空気を嫌悪しながら、
マチの空気を吸うまいとしながら、2人の若者は誰よりもこのマチ(サッポロ)を愛している。
決して素晴らしい映画とは言い切れないが、「ドクガス」は単なる暴走する青春映画ではない、リアルな20代とこのマチとの関係を確かに描こうとしている。 観て損はしない、と断言しよう。

早川渉(映画監督 「壁男」「7/25【nana-ni-go】」)
 
 
映画としての作りを理解しており、完成度が高い。完成度という点は他の作品にも該当しますが、オリジナリティがあるかないかがポイントになっています。キャスティングにおいても他の作品より優れており特に等身大の作り方にアイディアを加味していく姿勢に監督としても魅力を感じます。

麻生栄一(SAPPORO SHORT プログラムディレクター)
 
 
自分で衝動や迷いを作り出しそれと戦っている主人公。自分と自分以外の世界との折り合いが悪くなり作り上がった自己顕示欲が外に向かう。
ガスマスクという自分以外からの防衛。内側と外側で行われるせめぎあい。俺はこのテロリズムに答えなんかなくていいと思う。
この映画こそが南出監督という人間の衝動だから。
だからこそリアルなんだと感じた。

成山剛(sleepy.ab

東京再上映 決定

6月 27th, 2008

原宿の映画館「KINEATTIC」が選出する優秀作品の定期上映会
「KINEATTIC FILM LIBRARY」に応募したところ、『ドクガス』が選出されました!
 
10月20日より、原宿KINEATTICにて、レイトショーされることが決定しました。
北海道インディーズシーンで評価され、劇場公開を果たした本作が、再度東京で上映されます。
 
 
10/20(月)〜24(金) 21:00〜

 場所:原宿KINEATTIC(http://www.kineattic.com/index.html)

 前売/当日 800円

grunge